採卵後1週間!胚盤胞のグレードと個数は!?5AA?4AAとは?

Ad
Ad
Ad

採卵1週間後!胚盤胞の凍結結果報告!

 

アンタゴニスト法での採卵から1週間、

お腹の張りに耐え、4日目の電話確認の際には桑実期胚が2つ、確実に凍結できそうとの結果を聞いており、

やっと、内診および凍結結果を聞く日がやってまいりました。

 

内診で先生を待つ間に、培養士さんからの説明が先にありました。

 

結果……

 

なんと、

 

採卵個数 9個中

受精数  5個

分割数  5個

凍結個数 4個 ( ;∀;)!!!!

 

えっ!!???

凍結個数 4個!???

 

培養士さんの説明曰く、実は、前々回のブログでご報告した電話確認の際の、

12分割くんと、8分割くんたちが頑張ってくれたみたいで、

なんと合計4個も凍結に至ったそうなんです!!!

感激……!!!!

 

 

凍結した胚盤胞のグレードについて

そして、よくお見かけする胚盤胞のグレードについて、

4個のグレードの内訳は以下の通りです!

 

5AA 3個
4AB 1個

 

ゆ、優秀じゃないか……!!!

 

友達や、ツイッターなどの話でも、グレードは「4AA」や「4AB」というのしか聞いていなかったので、

「ん? 5???」って思ったので、培養士さんに聞いてみました。

 

まず、これらのグレードは5日目にならないと評価できないらしいです。

「5日目にどうなったか」で、グレード評価ができるのですが、

 

5 … 胚の成長速度、日数

A … 内細胞塊の評価(赤ちゃんになる部分)

A … 栄養外胚葉の評価(胎盤になる部分)

 

ということらしいです。

 

こちらの画像をご覧ください↓↓↓

 

これは私がもらった結果なんですけど、

この5AAの写真って、殻から抜け出して「孵化中」って書かれていますよね。

初めて聞いたこの「5」という数字は、ベビーが自力で殻を破って孵化しようとしてる成長速度の速い卵らしいです。

 

「自力で殻を破ってるということは、アシステッド・ハッチングの必要がないんですか…?」

「その通りです。」

 

なるほどー!!!!!!ってなりました!

 

アシステッド・ハッチングというのは、受精卵の周りの透明帯いう殻を、少しこすって破ってあげて

受精卵が殻を破る手助けをする方法のことです。ハッチングを補助することで、着床率の向上を目指すらしいです。

 

事前にアシステッド・ハッチングについては病院から説明があっていて、これも有料なんですよね。

だから、自力で殻を破っている受精卵っていうのはとても頼もしいと感じました^^

それと、成長速度の速い胚盤胞は7割の確率で男の子だとか…(笑)

これは、わかりませんね(笑) 妊娠して出産できたら、ご報告いたしますww

 

残念ながら、5個受精したうちの1個は、退行卵になってしまい凍結することはできませんでしたが、

9個中4個も凍結できた結果については、大きく前進できたと思っております。

 

 

本日も最後までお読みくださりありがとうございました^^

 

 

 

不妊 不妊治療
Ad
Ad
そちゃをフォローする
Ad
タダで腹は切れぬ ~不妊治療とお金

コメント

タイトルとURLをコピーしました