フォーサイトで宅建!不合格でも返金してくれない?【口コミ①】

宅建資格
Ad

このページをご覧の方は、

●宅建資格取りたい

●宅建取るための通信講座どこにしようかな?

●フォーサイトって返金保証謳ってるけど、落ちたら本当に返金してくれるのかな?

と悩んでおられる方だと思います。

私、2020年フォーサイトの返金保証付きバリューセット2を注文し、本気で勉強してみましたので、合否も含め、本当に返金してくれたのか、レポしていきます!

いくら本気で勉強したって言われても、人によって

学力に差があるから、受かるか受からないか参考にならないよ?

それだよね。参考までに私の学歴は、国公立大学中退。

持ってる資格は英検2級しかないよ。

大学入試が最後の勉強だったから、それから15年ぶりの勉強だったよ。

Ad
Ad

フォーサイトを選んだ理由

宅建資格を取得しようと思い、フォーサイトに申し込んだのは2020年6月初め。

本番は10月なので、この時点で少し遅い気はしますが、4月ごろからユ〇キャンにしようか、フォーサイトにしようか、様々な通信講座を調べては悩んでいました。

フォーサイトを選んだ理由、それはやっぱり 返金保証 を謳っているところ!

6~7万という、決して安くはない通信講座の費用を払うからには、自分もそれなりに勉強する覚悟を決めていましたが、やっぱり『返金保証』って書いてると、そんなにテキストに自信があるのかなって魅かれちゃいますよね。

「もし落ちたら、お金がもったいない…」って思ってしまうので、返金してくれると書いてるフォーサイトを信用して、決めました!

 

フォーサイトで選んだコース

私が選んだのは、返金保証付きバリューセット2(教材+過去問+直前試験対策)です。

※2021年度はバリューセット2がなくなって、返金保証講座名が変更になってるようです。

フォーサイトの公式ページでは、

・この講座が合格に導いてくれた

・返金保証があるから安心して勉強に打ち込めた

・充実したテキストだった

などなど、キラキラした口コミ、手の込んだ広告が作られていますが実際どうなのか。

以下、私の体験談です。※あくまでも個人の感想です。

送られてきた教材について

テキスト教材は全部で4冊。

①宅建業法 ②法令上の制限 ③その他の法令 ④権利関係

メイン4科目がそれぞれ別々の冊子になっていて、全ページフルカラー印刷です。

 

過去問も上記の通り、科目別に冊子になっておりこちらは全部で5冊。

全部で50問出題される宅建試験のうち、20問は宅建業法。宅建業法の過去問のみ2冊に分かれています。

過去問の冊子は、テキストと同じ内容で編集されているので、例えばテキストで『免許制度について』を勉強すると、『免許制度について』の過去問が平成19年のものから令和元年のまでまとめて掲載されているという感じで、復習を兼ねて過去問が解けるような仕組みになっています。

 

講義DVD も入ってますが、これは一度も再生していないです。

「まずはテキスト開いて講義を聞きましょう」なんですけど、この講義、下記の「よかったことろ」で出てくる携帯アプリ『道場破り』で見ることができるので、もっぱら携帯で講義見てました。

 

あとは、合格者体験談いらねー

合格までの道のり 的な本。いらねーというか、めっちゃ精神論語ってる。ゲロ

鉛筆や消しゴムなどです。

フォーサイトの良かったところ

ここは何のしがらみもないただの個人のサイトなので、正直に書かせてもらいますが、良かった所ももちろんあります。

携帯アプリ『道場破り』

これは便利でしたよー!

家のWi-Fiでテキストをダウンロードすれば携帯一つあればどこでもテキストが読めます。

テキストも読めるし、講師の講義を見ることもできる便利アプリ!

ただ、出かけた先でテキストを読むことも講義を見ることもほとんど無く、このアプリの良かったところはクイズのような簡単な問題が、どこでもササッと解けるところ!です。

病院の待ち時間とかは、よくこのアプリを開いて簡単な問題を解いていました。

あとは、アプリを開くたびに、『〇〇時現在、このアプリを使って〇〇人が学習をしています』と表示されるところ。これは地味に、仲間意識というか、ライバル意識というか、「みんながんばってるから、私もがんばろう!という気にはなりました(笑)

このアプリは勉強している期間はほぼ毎日使っていました!

チェック問題をちょこちょこ解いて、記憶を定着させるには非常に便利でした。問題を解いていくとランクが上がっていくというのも、モチベーションの向上に一役買っていました!

 

フォーサイトの悪かったところ

次に、私が感じたフォーサイトの悪かったところを挙げてゆきます。

フォーサイト講師の考え方!

宅建は全部で50問。2020年の合格点は38点でした。この合格点は毎年上下します。

35点の年もあるし、37点の年もある。

50問中20問が、暗記で点数の取りやすい宅建業法です。

フォーサイトのテキストって、「宅建業法は満点取って、あとは15問くらい他の科目で点補おう」くらいの勢いでしか作られてなかったんです! 確か講師が、36点~37点目指そうって言ってたような?

目標甘すぎません? っていうか、宅建業法で満点取れって、ミスする可能性も考えてよ。

目標設定が甘すぎ&宅建業法は満点取れなんて、無理ゲーの押し付けだと思いました。

テキストの内容が薄っぺらい!

宅建は、宅建業法は点が取りやすい科目なんですが、それ以外は、専門用語や専門知識、幅広く勉強しておかないとわからない分野があります。

『法令上の制限』や『民法』ですね。

フォーサイトのテキストは、この2科目のテキストの内容が薄っぺらい!

しかも見てください↓

過去問の回答見ると捨て問って書かれていて、勉強しなくていいって書いてます。

これね、You Tube のほかの講師陣の動画見ると詳しく簡単に説明してくれているんですけど、全然捨て問じゃないし、大事な1点だからって説明されてるんですよ…。

だからフォーサイトのテキストだけだと、本番で全然意味のわからない問題に直面することになると思います。これ怖すぎますよ、ほんと。

教科書に書いてないから勉強できないんですもん。

You Tubeのほかの講師の方々にかなりお世話になりました。

テキストの修正多すぎ!

テキストと過去問の修正多かったですねー!

こっちは7万近くテキスト代払ってるんだから、ちゃんとしてって感じました。

メールで連絡がきて、アプリ内でPDFをダウンロードできるんですけど、私の環境ではそのPDFを出力するのがめんどくさかったので、手書きで修正を書き込んでました。

結構修正が多かったので、これは非常に手間でした。

 

まとめ

長くなってしまったので、口コミ②へ続きます。

良かったところと、悪かったところはまとめましたが、結局私は2020年度の本試験を受験し不合格でしたが、返金してもらえませんでした。

なぜ返金してもらえなかったのかは、口コミ②で詳しく書いていますのでそちらもご覧ください。

 

 

宅建資格
Ad
Ad
そちゃをフォローする
Ad
タダで腹は切れぬ ~不妊治療とお金

コメント

タイトルとURLをコピーしました